ガジェット(便利グッズ) ゲーム

VRを自宅で楽しむときに必要なもの!私の用意しているアイテムをご紹介!【仮想現実、VRゴーグル、メタクエスト2、Meta Quest 2、Oculus Quest】

2020年5月23日

今回は、VR(仮想現実)を自宅で楽しむ際に、私が用意しているものをご紹介します。少なくとも私は、本記事にて取り上げるアイテムを使って、快適なVR体験をすることができています。

本記事では、VRを楽しむために、「私にとって、最低限必要なもの」と「私にとって、あるとなお良いもの」の2項目に分けてご紹介していきます。

本記事が、「自宅でのVR体験には何が必要なの?」、「他の人はどんなものを使っているの?」といった疑問を持つ人などの参考の1つになれば嬉しいです。

はじめに

本記事は、本サイト運営者「きずき」個人の感想をもとに、書かれたものです。プレイ環境や考え方の違い、ソフトやハードのアップデートの影響などによっては、本記事と異なる感想を持つ場合もあるかもしれません。そういったことをご了承のうえ、ご参考ください。また、商品の購入をする際は、事前に販売ページなどでその仕様をよくご確認ください。

私にとって、最低限必要なもの

まず最初に、私が自宅でVRを楽しむために用意しているものの中で、「これだけは欠かせない」と感じているものを以下の表に示します。

【私にとって、最低限必要なもの】
① VRゴーグル一式
② 「Wi-Fi」を利用してインターネットに接続できる環境
③ スマートフォン
④ クレジットカード
⑤ 単3電池

① VRゴーグル一式

私の愛用しているVRゴーグルは「オキュラスクエスト」というものです。「オキュラスクエスト」は、VRゴーグル本体(HMD)を頭に装着することで、見える景色と聞こえる音を通常の現実のものからVR世界のものに変えることができる製品です。

さらに、付属のコントローラーを主に両手に持ってプレイすることで、それらを通してVR世界にある物を触れるようにもなります。それらにより、少なくとも私は、本当にそのVR世界に行っているかのような錯覚を楽しめます。今では、私の持っているものよりも安い定価な上に画質の向上した、それの後継機「メタクエスト2」(Meta Quest 2)が販売されています。

「メタクエスト2」(128GBモデル)

② 「Wi-Fi」を利用してインターネットに接続できる環境

「オキュラスクエスト」や「メタクエスト2」の様々な機能を楽しむためには、「Wi-Fi」を利用してインターネットに接続可能な環境が必要です。通常、プレイしたいVRのゲームやアプリを、VRゴーグル本体(HMD)にダウンロードしたり動かしたりできる程度の速度や安定性のある無線通信可能な環境が求められます。

ちなみに、私は、上下とも最大でも100Mbps程度のあまり速くない光回線を無線化し、それを利用して「オキュラスクエスト」を楽しんでいます。あくまで私の場合ですが、少なくともソロ(1人プレイ)のゲームやアプリは、ほとんど問題なく遊べています。

③ スマートフォン

私の場合、「オキュラスクエスト」の初期設定には、「Bluetooth」(ブルートゥース)に対応しているスマートフォン(もしくはタブレットなど)も必要でした。

④ クレジットカード

VRを十分に楽しむためには、大抵、VRのゲームやアプリも必要です。私がそれらを購入する際は、大抵、「オキュラスクエスト」や「メタクエスト2」を装着&起動後、簡単にアクセスできる公式ストアを利用します。私は、その公式ストアでの支払い方法に、クレジットカードを使っています。

⑤ 単3電池

「オキュラスクエスト」も「メタクエスト2」も、VRゴーグル本体(HMD)はバッテリー内蔵なので、それらに付属するUSBケーブルを使い充電できます。しかし、それらに付属するコントローラーは、単3電池1本で動いています。大抵、そのコントローラーを左右の手に1つずつ持って遊ぶことになるので、その場合、単3電池を2本使って遊ぶことになります。

私が「オキュラスクエスト」を購入したときは、2個の単3電池が同封されていました。しかし、それだけでは使い続けることができないので、私の場合、別途、コンセントから再充電できるタイプの単3電池をいくつか用意しています。

私にとって、あるとなお良いもの

次に、なくてもプレイできるが、あると一層VR世界を楽しみやすくなったり快適に遊べるようになるものを以下の表に示します。

【私にとって、あるとなお良いもの】
① ヘッドホン、またはイヤホン
② 汚れ対策用のカバー
③ ヨガマット

① ヘッドホン、またはイヤホン

「オキュラスクエスト」も「メタクエスト2」も、VRゴーグル本体(HMD)にスピーカーが内蔵されており、そこからVR世界の音を聞けます。しかし、スピーカーからだと通常の現実の音もよく聞こえて、VR世界への没入感が薄れてしまうこともあります。また、音漏れも結構あります。

私は、通常の現実の音を拾う必要のない安全な状況を作った後、VRゴーグル本体(HMD)にヘッドホン(またはイヤホン)を接続して、そこからVR世界の音を聞くようにしています。ヘッドホンやイヤホンを使うと、耳に入る通常の現実の音を減らしてVR世界の音に集中できるので、少なくとも私は、よりVR世界をリアルに感じられるようになります。

ちなみに、「オキュラスクエスト」と「メタクエスト2」は、対応のヘッドホンやイヤホンとの有線接続も無線接続も可能です。しかし、私の使用環境だと無線接続では音が不安定になることもあるので、私は、主に、有線接続したヘッドホンでVR世界の音を楽しんでいます。

② 汚れ対策用のカバー

通常、VRゴーグル本体(HMD)は、それのレンズを覗き込む形で顔にくっつけて装着します。そのため、VRゴーグル本体(HMD)の顔に触れる部分が汗などで汚れやすいです。私は、その部分に対応の汚れ対策用のカバーを付けてプレイしています。(※下に示すリンクは、私の使っている初代「オキュラスクエスト」用のカバーです。)

③ ヨガマット

私は、大抵、滑りにくいヨガマットの上でVR体験をします。なぜなら、運動量のあるVRゲームなどをプレイしていると足の裏に汗をかいてきて、足を滑らせやすくなるからです。

ちなみに、それがズレたりそれからはみ出て動き回ったりするような激しい運動を伴うVR体験などをする場合は、自分に合った滑りにくい室内用のシューズを履いてプレイすることをおすすめします。

おわりに

今回は、自宅でVR体験をする際に、私が準備している物をご紹介しました。本記事が、安全に有意義な時間を過ごすきっかけになれば嬉しいです。

今後、私のようにVR世界へアクセスする人は増えていくような気がします。VRゴーグルを持っていない人は、これからVRの世界を、最先端の世界を、のぞいてみませんか?

「メタクエスト2」(128GBモデル)

「メタクエスト2」(256GBモデル)

-ガジェット(便利グッズ), ゲーム
-