ゲーム

はじめてのRPGには「ファイナルファンタジー10」がおすすめ!ネタバレ少なめであらすじなどを簡単にご紹介!【FF10、FFX、FINAL FANTASY X】

2019年10月22日

2019年には「ニンテンドースイッチ」や「Xbox One」でも販売がはじまった名作RPG(ロールプレイングゲーム)、「ファイナルファンタジー10」(略称:FF10、FFX)を簡単にご紹介します。

この作品は、本サイト運営者「きずき」の最も感動したストーリーのRPGであり、さらに、RPGを遊んだことがないという人やゲーム初心者でも楽しめる仕掛けの豊富なおすすめ作品です。本記事では、初プレイの人に配慮して、ストーリーに関するネタバレ要素は控えめで、わかりやすくご紹介させていただきます。

はじめに

本記事は、「ファイナルファンタジー10」をプレイした本サイト運営者「きずき」個人の感想をもとに、書かれたものです。そのため、プレイ環境や考え方の違い、ゲームアップデートの影響などによっては、本記事と異なる感想を持つ場合もあるかもしれません。そういったことをご了承のうえ、ご参考ください。

名作「FF10」の基本情報

「ファイナルファンタジー10」は「SQUARE ENIX(スクウェア・エニックス)」という企業が販売する作品です。「スクウェア・エニックス」は、ほかにも「ドラゴンクエスト」や「キングダムハーツ」などの有名作品を手掛ける大企業です。

そして、「ファイナルファンタジー10」は、多くのプレイヤーから高い評価を受け、長く愛されている作品です。2001年に発売後、続編として「ファイナルファンタジー10-2」(略称:FFX-2)が誕生したり、HDリマスター化(高画質化)して再販されたりしています。

さらに今では、「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)、「PS5」(プレイステーション5)、「PS4」、「PS3」、「PS2」、「PS VITA」、「Xbox One」、パソコンなど、様々な機器で遊べる作品となっています。

「FF10」をはじめてのRPGにおすすめする理由 6点

「ファイナルファンタジー10」は、美しい映像と音楽で展開される感動的なストーリーや、ゲーム初心者でも落ち着いて操作できる戦闘システムなどが魅力!

ここからは、はじめてRPGをするという人にも「ファイナルファンタジー10」がおすすめできる理由を、6つのポイントに分けて簡単にご紹介していきます。

おすすめ理由① 号泣ものの感動ストーリー

あらすじ

10年前に失踪した有名スポーツ選手を父に持つ主人公「ティーダ」君。彼も父と同じスポーツの選手となり、巷では2年目で早くもチームのエースとして活躍する人物ということで話題になっています。

物語は、「ティーダ」君の所属するチームが、失踪した父の功績を称えるトーナメントに参加し、そして決勝戦まで勝ち上がったところから始まります。そんな注目を集める試合で衝撃の事件が発生!それをきっかけとして次々に起こる出来事と、徐々に明らかとなる大きな運命に、彼や彼の仲間たちが立ち向かうストーリー。

そのストーリーには、全く先の読めない展開と深い感動が用意されています。当サイト運営者も何度号泣したかわかりません。本作品の開発者の中にも涙を流しながら仕事に取り組んだ方がいるそうです。

心の動きを感じ取れる表現がたくさんある

この作品は「ファイナルファンタジー10」という名前だけあって現実味のない雰囲気ばかりかと思いきや、実在の人物かと錯覚するほど、登場キャラクターたちが人間味のあふれた姿を見せてくれます。

特にムービーシーンでは、登場キャラクターたちの葛藤や深い感情を読み取れるほど、1つ1つの発言やちょっとした表情などが繊細に表現されています。

そういった表現などを通して、「生きるということ」や「家族愛」、「コミュニケーションの重要性」等、抽象的で重い、でも大切なテーマを、よく耳にする表現へ逃げずに、プレイヤーに理解させてくれる作品だと私は感じました。そういったことに、今一度目を向けて考えたい人にもおすすめの作品です。

おすすめ理由② 過去作品を全く知らなくても楽しめる

「ファイナルファンタジー」はシリーズ化されていますが、「ファイナルファンタジー10」は前作とのつながりがほとんどありません。本作から「ファイナルファンタジー」シリーズに手を付けても、問題なくストーリーを理解し楽しめるので、はじめてのRPGにおすすめです。

おすすめ理由③ ゆっくり考えながらできる戦闘システム

「ファイナルファンタジー10」が、はじめてのRPGにおすすめの理由3つ目は、ゆっくり考えながらできる戦闘システムです。

RPGの楽しみの1つとして戦闘が挙げられますが、作品によってはリアルタイムに状況が変化し、素早く操作していかなければ敗北してしまうような戦闘システムのものもあります。

そういった戦闘システムも緊張感などを楽しめて面白いですが、RPGやゲーム自体に慣れていない人には、慌ててしまって思うように操作のできない場合もあります。

「ファイナルファンタジー10」の戦闘では、キャラクターが順番に行動します。味方キャラクターの行動を選んでいる間は戦闘の流れが止まるので、落ち着いて操作しやすいです。

さらに、どのキャラクターがどういった順番で行動するのかが画面右上に表示されるため、戦闘の展開も把握しやすくなっています。

おすすめ理由④ RPG初心者にも優しい難易度

「ファイナルファンタジー10」の難易度は、少し探索をしつつストーリーを進めていけば、基本的にはメインストーリーを最後まで攻略できるものとなっています。仮にキャラクターがあまり育たないまま、強敵との戦闘になってしまったとしても、アイテムを活用したり、知恵を絞ったりすれば、攻略できてしまうこともあります。

テンポよくストーリーを進められて、達成感もしっかりと味わえる、RPG初心者にぴったりの素晴らしい完成度の作品だと私は感じています。

メインストーリー以外のサブイベント部分では、ゲーム慣れしている方でも満足できるような、大ボリュームのやりこみ要素も用意されています。

「ファイナルファンタジー10」のメインストーリーを攻略してRPGに魅力を感じた人は、サブイベントも遊んでみてください。サブイベントも遊べば、1つの作品をより長い間楽しめるのはもちろんのこと、「ファイナルファンタジー10」のメインストーリーをより深く理解できます。

おすすめ理由⑤ 飽きにくい豊富な展開

「ファイナルファンタジー10」には、戦闘や探索以外にも楽しめる要素が盛りだくさん!パズルを解いて進む謎解きイベントや、本格的なスポーツゲーム要素なども用意されています。

戦闘中でも、用意されたギミックを活用する場面があったり、突発的なイベントが発生したりします。様々なことがテンポよく起こるので、最後まで新鮮な気持ちでプレイを進めやすいです。

おすすめ理由⑥ 心が震える美しいムービーと音楽

「ファイナルファンタジー10」は、HDリマスター化されており、美しいムービーシーンが楽しめます。

ゲーム内に流れるBGMも、「ファイナルファンタジー」シリーズや「グランブルーファンタジー」のゲーム音楽から、「アンジェラ・アキ」さんへの楽曲提供まで行う作曲家「植松 伸夫(うえまつ のぶお)」さんらが作られており、どれも鳥肌が立ちそうな感動的なものばかりです。

作中に流れる、奄美大島出身の歌手「RIKKI」さんの歌う「素敵だね」も素晴らしい曲で、この曲を聴くと今でも私は涙してしまいます。

「ファイナルファンタジー10」からキャラクターボイスも導入されており、美しい映像や音楽と合わさって、感情移入しやすい作品に仕上がっています。

「ファイナルファンタジー10-2」ってなに?

「ファイナルファンタジー10-2」(略称「FFX-2」)とは、「ファイナルファンタジー10」のストーリー上の続編であり、「ファイナルファンタジー10」のその後の世界を描いた別作品です。この作品をもって「ファイナルファンタジー10」のストーリーは完結します。

オープニング曲は、「倖田 來未(こうだ くみ)」さんの「real Emotion」です。有名な曲なので耳にされた人も多いかもしれません。

私も当時、この曲の入ったCDを買いました。これをきっかけに私は、「倖田 來未」さんのファンクラブに入ったり、CDやDVDを集めたりするようになりましたが、それは別のお話・・・。

「ファイナルファンタジー10-2」のあらすじについては、「ファイナルファンタジー10」のネタバレが多く含まれるため、割愛させていただきます。

「ファイナルファンタジー10-2」のシステムには、「ファイナルファンタジー10」をクリア後でも、マンネリ感をほとんど感じずプレイに集中しやすくなる工夫が施されています。

その工夫とは、リアルタイムで進行する戦闘や、プレイの仕方で分岐するストーリーなどといった、前作とは異なる新システムが導入されていることです。それらの新システムが「ファイナルファンタジー10」の世界を、新鮮な気持ちで楽しみやすくしてくれています。

「ファイナルファンタジー10-2」は、「ファイナルファンタジー10」をクリアした人の多くが、興味を持つことになるタイトルだと思います。そんな「10-2」は、「10」とセットで販売されていることも少なくありません。

購入前の注意点

信頼できるところから購入

「アマゾン」や「楽天」では、作品が同じでも、カートに入れる商品によって、販売する者や発送する者が異なる場合があります。目当ての商品を提供する者が信頼できる業者かどうかを確認してから、購入をしましょう。

場面による映像の違い

キャラクター操作画面と一部のムービーシーンでは、映像の雰囲気が異なります。HDリマスター版における、キャラクター操作画面をご確認されたい方は、上の動画をご参考ください。(※マップのネタバレがあります。その旨をご理解の上でご覧ください。)

様々な形で販売されている作品

「ファイナルファンタジー10」は、その人気に応えるために、様々な形や言語で販売されており、どれを選んでプレイすればいいか迷う状況もあるかと思います。個人的におすすめの商品は、以下の条件を満たすものです。

【おすすめ条件】
HDリマスター版
日本語音声あり
「10」と「10-2」がセット

【HDリマスター版】がおすすめの理由

理由は、HDリマスター版の方がきれいな映像を楽しめるということと、通常版にはない重要なムービーやコンテンツが追加されているからです。

【日本語音声あり】がおすすめの理由

商品によっては、日本語音声なしの英語音声でプレイすることになるものもあります。日本語を第一言語とする私の場合、英語音声よりも日本語音声の方が微妙なニュアンスを感じ取りやすく、ストーリーに集中しやすかったです。

日本語音声の収録は、毎週、声優陣みんなで集まって一緒に進めていったそうで、まるで声優同士で本当に旅をしているかのような一体感のある現場だったそうです。実際に日本語音声でのプレイを通して、その仲の良さも感じ取っていただきたいです。

【「10」と「10-2」のセット】がおすすめの理由

正直に申しますと、HDリマスター版を選んだ時点で、「10」と「10-2」はセットになって販売されている場合がほとんどです。一部「10」と「10-2」が別々に販売されていることもありますので、購入の前に販売ページなどをよくご確認ください。

おすすめ条件を満たす商品のあるページ

「ニンテンドースイッチ」版

「プレイステーション4」版

さいごに

今回は、本サイト運営者「きずき」が最も心をつかまれたRPG、「ファイナルファンタジー10」を、簡単にご紹介しました。

この作品は、全世界で多くのプレイヤーに愛されており、累計1,400万本以上の出荷が行われました。RPGを遊んだことがない、また、ゲーム自体あまり経験のない人にもおすすめできる、夢中になって遊べる仕掛けが盛りだくさん!すでに攻略済みの人も、久々に「スピラ」へ帰りませんか?

「ニンテンドースイッチ」本体

-ゲーム
-

© 2021 フニフォ